こっそりホメオパシー

日本ホメオパシーセンター杉並梅里

健康相談会のご案内

JPHMA認定ホメオパスによる健康相談会を行っています。
⚫︎時間:お一人様 60分
⚫︎料金:10,000円(税込)
⚫︎日時:土曜日

基本は土曜日ですが、応相談です。メールにてお問い合わせ下さい。
平日夜でも対応可能です。

⚫︎場所:セシオン杉並 会議室 他(応相談)
東京メトロ丸ノ内線東高円寺駅」徒歩5分、「新高円寺駅」徒歩7分

メールにてお気軽にご相談下さい 。お問い合わせも歓迎です!


日本ホメオパシーセンター杉並梅里
澤田 久美子
sawada.hom@gmail.com
JPHMA認定ホメオパス#923

ZENメソッド修得認定#323

もっとひどかったはずの更年期

 

前の記事で更年期について少し触れましたが
今のところ更年期かな?と思うのが、不眠と逆に眠いこと、
あと月経の周期は変わらないけれど量が増えたり、ちょっとフラフラしたり、
もしかしたら貧血気味かなということくらいです。
これからもっと年を重ねていくと、いろんな症状が出るのでしょう。
出ないかもしれませんが。

更年期の症状が強く出る人と出ない人の差はなんでしょうか?
更年期って本当に人によるようで、もちろんホルモンバランスが大きいと思いますが
元々の本人の性格も影響するとも言われています。

婦人科系に関することは、本当に微妙でデリケートですし、
更年期の原因もハッキリとはしていないので
お医者様でもこう!とは言えないようですね。

ただ、おそらく私の場合、ホメオパシーをやっていなかったら
更年期は大変なことになっていたと思います。確実に。

というのも私がホメオパシーを始めたきっかけの1つが月経痛、
子宮内膜症で鎮痛剤が手放せないほどひどかったのですが
ホメオパシーでかなり改善しているのです。
月経痛は今も少しありますし、年齢とともに辛くなる部分もあるのですが
婦人科関連で一番改善したのが

「月経前の精神症状」でした。


PMS月経前症候群)には身体的・精神的症状の両方がありますが
ご多聞にもれず私もかなりひどくて、特に情緒不安定になって訳もなく悲しくなる、
というのがとても多かったのです。

更年期の記事を書いていて思い出したのですが、
昔は月経前になると本当に訳もなく悲しくてよく泣いてました。
さめざめと泣くという感じ(笑)なんでも悪い方に考えてとてもネガティブになるし。

33歳でホメオパシーを始めてから、1年しないうちにこの症状はスッキリ無くなりました。
月経痛やPMSはあっても悲しくなることはなかった。
今も全くないです。別に月経前だからといってネガティブになんてならない。
普通に元気です。情緒が安定したのは本当によかったと思います。

こうなると、月経前だからといってなんで泣いてたのか、不思議でしょうがないですけども
こういう方とても多いと思います。年齢に関わらず、悲しくなったり死にたくなったり。
自分なんていない方がいいと思う人もいますよね。男性には理解しづらいことでしょう。

私はここが治療できているので、更年期になってもメンタル的には
そんなに影響ないかもしれないな、と思っています。いやわかりませんけども。
わからないけどPMSのメンタルを解決できないまま更年期に突入してたら、
ホメオパシーをやってなかったら、更年期はえらいことになっていた
(なっていく)んじゃないかと思うのです。

更年期を健やかに乗り切るためには、睡眠と運動と、
バランスのとれた食事がまず基本だなと思います。
それと、毎日楽しみをもって過ごすこと。
普段は地味な毎日だとしても、好きなことや楽しいことをいっぱい持っていること。
更年期や年をとることを、必要以上に恐れないこと。でしょうか。
ホメオパシーには卵巣や子宮をサポートするツールがいっぱいありますので
婦人科系の問題や不安のある方は、ぜひホメオパシー相談会をご利用下さい!



災害のトラウマに

大阪の地震、ビックリしましたね。
大阪で震度6弱の速報を見た時、目を疑いました。

ニュースを見ていたら東日本大震災の時のことと
阪神淡路大震災を思い出しました。
東日本大震災の時は金曜日の昼間、会社にいて
夕方3時間半歩いて帰宅しました。
とても風が強くて寒かったのを覚えています。
もっと長時間歩いて帰宅した人もたくさんいました。
でもむしろ翌週からの通勤や、物資がどんどんなくなっていくことの方が
大変でしたね。原発のこともありましたし。

阪神淡路大震災の時はまだ実家暮らしでしたが
とにかく火災と高速道路の被害、ビルの倒壊が凄まじかったですね。
そのニュース映像と、東日本大震災の体験をリアルに思い出してしまって
何だか朝からフワフワした感じがしています。

午後になっても落ち着かない感じがまだあるので
アコナイト(Acon.)のレメディー(粒の30C)を
繰り返しリピートして取っています。
アコナイトは心身のトラウマNo.1のレメディーですので
恐怖を感じた時にはまずアコナイトを取るといいです。
不安が取れない時はアーセニカム(Ars.)もいいと思います。
ケガをしたらアーニカ(Arn.)です。
カレンデュラのマザーチンクチャーを暖かい飲み物に入れて取ると
体や心の強張りが緩んで楽になるかもしれません。
会社に常備してあるので飲み水に入れて少しずつ取っています。
横隔膜辺りの緊張が取れて楽になるといいなと思います。

災害時のレメディーについては
ホメオパシー的災害対策という書籍も出ていますので
興味のある方は読んでみて下さい。

まだまだ余震等注意が必要なようですので
関西地方の方、お気をつけてお過ごし下さい。
心よりお見舞い申し上げます。

関東地方も他人事じゃないですね。
普段からの備えをもう一度見直して、
いざという時に買い溜めしないで済むように備蓄しておきたいと思います。
地震は本当に怖いです…

 

 

 

えび寿ベーグルさん

 

ホメオパシー健康相談会を行っているセシオン杉並からはちょっと歩きますが
丸ノ内線新高円寺駅からはすぐ近く(徒歩3分くらい?)に
えび寿ベーグル(えびすべーぐる)というベーグル屋さんがあります。

www.facebook.com

ここのベーグルがとっても美味しいんです!
私はコンビニのご飯があまり好きじゃなくて
特にサンドイッチなどは中身も少ないし
まあ色々、保存料とかもちょっと気になるので
こういうお店があるととても嬉しいのです!

ベーグルだけでも買えるし、ベーグルサンドでも買えます。
食事系のベーグルサンドとおやつ系のベーグルサンドがあります。
食事系はガーリックチキンとかポークハムとかツナやビーフ
おやつ系はクリームチーズとかブルーベリーとかチョコクリームとか。

私のお気に入りは食事系なら
ごまチーズベーグルにガーリックチキンをサンド
(ベーグルの上にかけて焼いたチーズがサクサクして美味しい!)

f:id:tenori-kumi:20180617225253p:plain

 

おやつ系なら
ピンクソルトベーグルにシナモンレーズンクリームチーズ
(ベーグルの上の岩塩がカリッとして美味しい!塩気と甘みのハーモニーがいい)
です!

f:id:tenori-kumi:20180617225423j:plain


ベーグルと中身はお店でサンド&カットしてもらうこともできますが
食べるのが翌日とか、時間が空く場合は
中身を別容器にしてもらって食べる時に自分でサンドすることもできます。
そういう配慮がとても行き届いていて助かります!

ベーグルサンドはコンビニのサンドイッチよりはお高めだけれど
とにかく食べ応えがあるのでお昼ご飯に1つあれば十分お腹いっぱい。
男性なら特に満足感があって嬉しいのではないでしょうか。

とても親しみやすい店長さんなので、イートインスペースにはいつもお客さんがいますし
お子様連れの方や男性客、割とお年を召した方まで客層は幅広いです。
何より近くに安心して食べられるものを作っているお店があるというのが
とても嬉しいです。

ここのベーグルをよくお友達へのお土産にするのですが
今まで100%の確率で皆「美味しい!」と言ってくれます。

お近くに来ることがあれば是非、立ち寄ってみて下さいね!

 

更年期について

ちょっと前の話になりますが、2月病は大体3月になって気温が上がってくると治ります。
最低限のことしかできなかったのが、人と会ったり出かけたり、
少し活動的になります。それでも普通の人よりずっと少ないですが。
それは私の個性なので、そのペースで良いと思っています。

今年は春が来るのが早く、気温も高めだったので2月病は早めに治りました。
ただ、休みの日の昼寝がなかなか治らない。
ピラティスの後は疲れて必ず寝てしまうのですが、
運動してない日も午後や夕方、かなりの時間寝てしまいます。

昔は昼寝してしまうと夜眠れなかったのですが、
ここ数年は昼も夜も眠れるようになりました。
と思うと、不意に不眠になったり、中途覚醒したり、
明け方に起きて目が冴えてしまったりということもあります。

元々不眠症があったので、私にとって寝つきが悪いこと、眠れないこと、
途中で起きてしまうことは結構なストレスです。
また不眠症になったら…という怖さがちょっとあります。
でもこの春に1ヶ月くらいあった睡眠リズムの崩れは、更年期なのかなと思っています。
月経周期にはまだ変化はありませんが、年齢的に更年期でもおかしくないので
あまり気にせずに、更年期のせいにして過ごしています。

まったく眠気が来なくて困った数日はレメディーも摂りましたが
(こういう時レメディーはすごく助けになってくれます)
2月病と同じく、こういう症状も「底がつく」だろうと思って
神経質にならないようにして様子を見ます。
なるべく体と心の声を聞いて、自己治癒力が働き、
ホメオスタシス(恒常性、元に戻ろうとする力)が働くのを待ちます。

なんか待ってばかりのようですけど、
こういう普段と違う症状が出ている時に、とにかく早く薬で何とかするというのも手ですが、
自然に体が調子を取り戻すのを待つ余裕を自分にあげる、というのも
割と大事だと思っています。
不眠は生活や仕事に支障が出ますし、薬に頼ると副作用もありますので
不眠でお悩みの方はホメオパシー相談会をご利用下さい。
更年期も同じくホメオパシーが助けになりますが
よほどひどい場合を除いては、女性にとって自然に通る道ですので
とにかく何とかして治療して更年期をなくす!というよりも、
更年期とうまく付き合っていくことを目指す方向になると思います。
ホメオパシーは自然に逆らうことをしないので、
薬の副作用やホルモン療法に抵抗がある方にはお勧めです。



2月病?

先週から久々に風邪を引いています。喉の激痛が治ったと思ったら今週は鼻に来ました。
小出しにして居座るつもりのようです。どうせならもう少し劇的に引きたいのですが。
でもここ2年くらい風邪引いてなかったので、良い排出と思ってます。

月に3回ペースでピラティス通ってるなんていうと、明るくて元気な人みたいですが
私は超がつくインドア派で、自分の家が一番好きなオタクの引きこもり系です。
季節を問わず家にいるのが好きで、お出かけが続くと疲れます。
家にいないと疲れが取れないです。1人の時間がないとストレスたまります。

元々アクティブではないのですが、40歳を過ぎてからでしょうか、
2月頃になると非常に体力も気力も落ちることに気がつきました。
暑さが苦手で夏が嫌い、冬がだいすきなのですが
梅が咲き始める頃、はっさく(大好物)が出回る頃になると
とにかく平日は仕事で精一杯、土日は家でグッタリ。
いくら寝ても寝足りなくて、土日はがっつり昼寝してしまう。
気力もわかなくて最低限の家事しかできず、自炊もはかどらない。
やらなきゃいけないことがいっぱいなのにできない。疲労感がすごい。
やりたいこともあまり思いつかない。食指が動かない。興味が湧かない。
そんな自分が嫌でちょっと責めてしまう…

こういう期間があるなあと気がつきました。
軽い冬季うつなのかもしれませんし、リウマチの気があるのでそのせいかもしれません。

こういう時、以前はレメディーで何とかしようとしていました。
何とかしてこの不調を改善しなきゃいけないと思ってました。
でも最近は、1年のうちの1ヶ月くらい、不調な時があってもいいかなと思っています。
人によって時期は違いますが、1年で苦手な季節って誰にでもあるといいます。
そういう季節は無理をせずに、養生する季節だと割り切って、
ちょっとのんびりしてもいいんじゃないかと。
レメディーで無理やり元気にする必要もないんじゃないかと。
心身にとって必要な低迷期、充電期だと思うことにしています。

そう思ってはいても、動けない時はつい自分を責めてしまいがちです。
今年はなるべく罪悪感にならないように、自分を甘やかして
ゆっくりさせてあげようと思ったのですが
そういう時期に限ってやりたいことが頭に浮かんできたりして
歯がゆかったりします。

でもなるべく焦らずに、気力体力が底をついて自然と上がってくるのを待つ。
時期が過ぎれば元気になるわけですから。
この自然と元気が戻って来る、自己治癒力が働き始めるのを
じっと寒さに耐えながら待つのが、最近の習慣です。
5月病ならぬ2月病ですね。
来年はもうちょっと、ゆったり過ごせるように工夫してみようかと思います。

あ、一年中疲れててどうしようもないということになると、
生活に支障があるので治療した方がいいと思います。
そういう方はお気軽にお問い合わせください。
ホメオパシー相談会をお勧めします。




ピラティスのこと ホメオパシーとの関係

会社員の私は、昼間はパソコンに向かってずっと座りっぱなしなので
腰痛や肩こり、座骨神経痛、目の疲れ、精神的なストレスなど
年なりに抱えていました。それが普通だと思っていました。

でも定期的にピラティスに通うようになって不調がかなり減りまして、
特に腰痛や肩こり、体の重さとかが無くなってくると、
改めて「運動することの大事さ」がわかってきました。

ピラティスでは骨盤の動きと、インナーマッスルをよく使います。
それと、肩甲骨をよく意識して動かします。
この肩甲骨を動かす運動をしていると、いかに普段、
肩や背中を使うことなく生活しているかがわかります。
体は使わないとどんどん動かなくなっていきます。
逆に、体は使えば使うほど、年齢に関わりなく動くようになってくれます。

仕事が忙しかったり、逆に長期休みのあとにピラティスに行くと
体が硬くなって強張っていたことに気付きます。
関節や筋肉を使って伸ばしてあげるととても気持ちがいいです。
運動って大事だなと、ピラティスを始めて実感いたしました。

ピラティスレッスンの60分は、なるべく自分の体に集中します。
先生の声だけに耳を傾けて、なるべく正確に忠実に体を動かす。
その時間は半分眠っているような、瞑想に近いような感覚になることがあります。
自分の心身に集中して向き合って、雑念を入れずにただ感じるという時間は
身体だけではなく心にもとても気持ちがいいです。スッキリします。

*************************************

ホメオパシー相談会は、クライアントさんの症状に対してレメディーをお出しして、
体や心に起こる変化を感じ取ってご報告頂き、また次のレメディーを出す、
というサイクルで進めていくのですが、
最初は自分の心や体に意識を集中して感じ取ることが難しい方もいらっしゃいます。
そういう方にはヨガやピラティスなど、内観できる運動と並行することは
相乗効果があるのではないかと思っています。
普段忙しいからこそ、ちょっと時間を作って
自分自身と静かに向き合う機会を取り入れてみるのはとてもいいことだと思います。

身体と心がスッキリすると、ストレスが軽減するだけではなく、
いいアイデアが浮かんだり、新しい発見があったりしますよ。

あとホメオパシーで病気の治療をする際には
食事と運動と睡眠がやはり大事になってきます。
レメディーだけで治療するより、食事や生活習慣も同時に見直した方が
回復が早いと思います。
ホメオパシーは時にミラクルと言えるような効果をもたらしてもくれますが、
慢性病(慢性的に患っている症状)に対しては
フィジカル的なアプローチも必要になってきます。
ホメオパシーを利用する方々が、自分に一番合っている食事の仕方や運動方法を見つけて
ホリスティック(総合的)に健やかになっていただけるといいなと思います。

今日はちょっとホメオパス的なお話ができてよかった(笑)