こっそりホメオパシー

日本ホメオパシーセンター杉並梅里

健康相談会のご案内

JPHMA認定ホメオパスによる健康相談会を行っています。
⚫︎時間:お一人様 60分
⚫︎料金:10,000円(税込)
⚫︎日時:土曜日

基本は土曜日ですが、応相談です。メールにてお問い合わせ下さい。
平日夜でも対応可能です。

⚫︎場所:セシオン杉並 会議室 他(応相談)
東京メトロ丸ノ内線東高円寺駅」徒歩5分、「新高円寺駅」徒歩7分

メールにてお気軽にご相談下さい 。お問い合わせも歓迎です!


日本ホメオパシーセンター杉並梅里
澤田 久美子
sawada.hom@gmail.com
JPHMA認定ホメオパス#923

ZENメソッド修得認定#323

手のひら1つ分のたんぱく質

先日、細身な友人から
たんぱく質を多めに摂るように心がけたら3kg体重が増えた」
という話を聞きました。

私がもし3kg太ったとしたらそれはもう緊急事態なのですが(笑)
世の中にはなかなか太れないのが悩み、という方ももちろんいらっしゃいます。

太りたいなら何はともあれ
炭水化物を多めに摂ればいいんじゃないかと思っていたのですが
彼女の場合たんぱく質が鍵だったようです。
お豆腐とか牛乳をなるべく摂るようにしてるそうです。

それでふと思いました。
私も最近たんぱく質足りてないなと。

こう暑いと長い時間料理するのも大変なので
ついつい冷たい麺類が多くなり、野菜は麺の具材として割と食べているものの
お肉や魚はあんまり食べてなかった…と気がつきました。
納豆は食べますが毎日ではないし、牛乳は体質に合わないので飲まない。
これではいかんと、私もメニューを見直しています。

たんぱく質は筋肉や骨、臓器、髪の毛や爪など、
あらゆる身体づくりに使われる栄養素なのですが
例えばおにぎりだけとかカップラーメンだけのお昼ご飯の場合、
明らかにたんぱく質は足りないですよね。
こういう食事をしてる人は割と多いと思います。

ではどれだけ摂取すればたんぱく質不足を防げるのかというと
「1回の食事で手のひら1つ分」が目安だそうです。
肉・魚・卵・豆(豆腐・納豆)を手のひら1つ分食べる。
そう考えると、自分にはたんぱく質が足りてるのがどうか、
判断できるのではないでしょうか。

私もせっかくピラティスで筋トレしているので
もうちょっとしっかりたんぱく質を摂っていきたいと思います。
で、たんぱく質をちゃんと分解吸収して効率よく利用するためには
ミネラルが絶対必要なので、野菜もちゃんと摂ります。
エネルギーとしての炭水化物(糖質)ももちろん必要です。
結局、食事はバランスなのですね。
これだけ食べていればいい、これをカットすれば健康になれる、
というものではないので、
極端なことをせずバランス良く食べることが一番だなと思います。




頬のシミのケア

 

内膜症のケアと同時にもう1つ進めていることがあります。
それは左頬にあるシミのケアです。

年齢も年齢なので、シミの1つや2つはあるのが当たり前。
でもやっぱりあるよりはない方がいい。
毎日のメイクの時にコンシーラーで隠すのも面倒だし、
体調によってはなかなかキレイに隠れない時もある。

鏡をのぞくと必ずそこにあるものですから、
気になるものですよね。

私はまだやったことはないのですが
今はレーザー治療なんかが発達していますので
思い切ってシミを治療で取ってしまう、薄くしてしまうというのも
1つの手段だと思います。
それで毎日気持ち良く過ごせるならいいですよね!
そのくらい女性にとって、顔のシミは気になるものです。

こんなに毎日気になるなら取ってしまおうかなとも思うのですが
私も一応ホメオパスなので、その前にまずレメディーで対処してみようと思い、
内膜症の時と同じく頬のシミについてレパートライズして、
レメディーを診断して選択し、
今回は肝臓のサポートチンクチャーに追加して摂っています。

1ヶ月レメディーを摂ってみて、
気持ち薄くなったような?気もする日もあるけど?
気のせいのような気もします(笑)
1年くらいは気長にレメディーを続けてみようと思っています。
よい報告ができるといいなー♪



内膜症のケア


もう10年くらいずっと読んでいるブログの筆者が
最近子宮内膜症で手術を受けたということを知りました。
私はただの読者なので面識はないのですが
同年代だったことと、内膜症の症状が自分に近いのもあって
これはさぞお辛かっただろうなと思いました。
同時に、この方がどこかでホメオパシーに出会っていたら
手術まではいかなくて済んだかもしれないなあ…と思いました。

私も10代の頃から月経痛がひどく、
20代後半でかなり無理を重ねて仕事をしていたせいで
子宮内膜症とチョコレート嚢腫(卵巣嚢腫)と診断されました。
激務の仕事を辞めてからはストレスが減ったおかげでだいぶ良くはなりましたが
月経痛は相変わらずだったので、鎮痛剤の他にピルや漢方薬などを
使っていたこともあります。
その後ホメオパシーと出会って月経痛はかなり改善、
今は逆に加齢のせいもあって少し辛いことが多いのですが
薬は飲まないで過ごせているので良しとしています。

ただそのブロガーさんがおっしゃる子宮内膜症の症状の中で
自分とぴったり合うものがあって、
ああやっぱり私も内膜症なんだな、と改めて思い、
ちょっとちゃんとレメディーを処方してみようと思いました。

今までも卵巣サポートのマザーチンクチャーや
子宮サポートのマザーチンクチャーは時々摂っていましたが
今回は改めてちゃんと自分でレパートライズして
TBRで導き出されたレメディーを子宮サポートに加えたものを
7月1日から飲んでいるのですが
(自分に症状に合うレメディーを診断して選択した、ということです)

今月はPMSがとても少なくて楽でした!
いつもなら排卵期から月経までの2週間は下腹部痛が辛いのですが
今回はそんな痛みや予兆もなく月経がきてビックリしました。

あーやっぱりちゃんと処方すると効くんだなーと(笑)
マザーチンクチャーは1本飲むのに1ヶ月半から2ヶ月かかるので
今のを飲み終わったらまた継続して処方してみようと思います。
ホメオパスって自分で自分に処方できてすごく便利だ(笑)

女性の月経や更年期の問題は時に辛いものですが
ホメオパシーにはいいレメディーがたくさんあるので
お悩みの方は是非一度、ホメオパシーを試してみていただきたいと思います。
卵巣サポートや子宮サポートなどはどなたにもご購入頂けますが
このような慢性滴な症状に対しては
プロフェッショナルホメオパスにご相談いただくのが一番良いと思います。
メールでのお問い合わせも受け付けていますので、お気軽にご相談ください!
術後のケアにもホメオパシーは有効です!



 

夏に太る

 

ピラティスを始めて1年半が過ぎまして、2回目の夏を迎えているわけですが
今までと大きく違うことがあります。

熱中症のところでも少し書きましたが
私は夏が苦手で大嫌いなのですが、その理由が
「必ず夏バテしてしまう」からでした。

梅雨が終わって暑くなると、もう気温の変化についていけなくて
食欲が落ちて食べられなくなります。
食べられないから元気が出ない。
暑いから冷たいものしか喉を通らないので余計体が冷えてしまう。
暑がりなのにクーラーも苦手なので、夏は常に怠くて辛いのが常でした。

去年の夏にも「あれ?今年はそんなに夏バテしてないな」と思ったのですが
今年確信しました。夏バテ、してない!
この暑いのに、「あーお腹空いた!何食べよう?」と思っていることに気づいて
自分でもびっくりしました。食欲が落ちてない。ご飯が美味しい。
夏なのにサイズが落ちない。むしろ太っている気がする。
そして体調がいいので暑くてもよく眠れる。

こんなことは未だかつてありませんでした。

たぶん、ピラティスで筋肉がついたおかげだと思います。
もともとひ弱で筋肉のない私の身体は
年とともにさらに筋肉が弱って、内臓を支える力も弱っていたんだと思います。
でもピラティスインナーマッスルがついたことによって
下垂していた内臓が正しい位置に戻ってきたんだと思います。
胃下垂なんかそうですが、内臓は正しい位置にないと冷えやすくなるそうです。
そういえば冷え性も随分解消されて、真夏に多少冷たいものを食べても
具合が悪くならなくなりました。
以前はアイスや冷たい飲み物を取りすぎると、すぐにだるくなっていたものですが。
(もちろん冷たいものは取り過ぎない方がいいと思います)

去年の冬からは、いつもより厚着をしなくても
あんまり寒いと思わなくなりましたし
やっぱり身体を鍛えて筋肉をつけるということは
睡眠や食事と並んで健康の基本なんだなと実感しています。

あと、私はもともと甘いものが好きで、
特に粉物のスイーツが好きで、クッキーとかドーナツとかケーキとか
よく食べていたんですけども、ピラティス始めてからぐっと減りました。
チョコや和菓子も好きですが、甘い物の消費量はかなり減りました。
これは運動することでストレスの解消になってるんだと思います。

ピラティス1年目もそうだったのですが
夏まではそんなに見た目は変わりませんでした。
夏の方が基礎代謝や体温を維持するのにエネルギーを必要としないので
痩せにくいそうです。秋になって急に体のラインが変わってきましたので
きっとそういうことなんだと思います。
なので今はピラティスをやっていてもそんなに痩せてはいないのですが
これはきっと暑さが過ぎて秋になってから、嬉しい変化があるんじゃないかと
期待しています。去年よりずっと負荷のかかる運動をしていますし、
回数も増やしていますので。

なので、夏に太るという現象も受け入れて
これからもコツコツとピラティスを頑張ろうと思います。
このまま続けていって、今年の冬、来年の夏、
どんな自分になっているのかなあと思うととても楽しみです!

ちなみに夏バテして胃腸が弱るタイプの方には
Calen.(カレンデュラ)のマザーチンクチャーがオススメです。
毎日飲む水に10滴くらい入れて、常に飲むようにするといいです。
辛い時は白湯やあったかいお茶に入れて飲むと更にいいです。
私も夏バテや熱中症予防のために毎日摂るようにしています。



熱中症について 追加

 

熱中症で頭痛がする時に鎮痛剤を使うのは危険という話なんですが
1つにはおそらく症状としての頭痛を薬で止めてしまうと
とりあえず頭痛は止まったからと無理してしまって
熱中症がどんどん進んでしまう、ということもあると思います。

もう1つには、熱中症で脱水が進んでしまうと
血液の量が減ってしまい、腎臓への血流が低下してしまうということです。
ただでさえ血流が減っているところに、
頭痛がするからといって鎮痛剤を摂ってしまうと、
さらに腎臓への血流が減少して急性腎障害が起こる可能性があるそうです。
血圧を下げる薬や利尿剤を飲んでいる高齢者の場合は
これらの薬も腎臓への血流を減少させてしまう可能性があります。

腎臓への血流が低下した状態が長く続くと腎臓の細胞が死んでしまい、
急性腎障害が起こります。
軽い急性腎障害であっても、繰り返すことで慢性腎臓病に陥ることもあるそうです。
熱中症から回復したとしても腎臓にダメージが残ることがあり、
後遺症となる可能性があるので、
くれぐれも脱水には気をつけてマメに水分を摂ること、
熱中症の時にむやむに鎮痛剤を使わない、ということを
最近ニュースを見て知ったので、追加しておきたいと思います。

いろいろ工夫してこの厳しい夏を乗り越えていきたいですね!

熱中症になってしまったら


私の体感ですが、頭痛と吐き気がして水も飲めなくなったら
それはもう2度の熱中症だと思います。
そこまでいかなくても、具合は悪いけど熱中症なのかわからない場合は
首や腕、肌の出てるところを濡れタオルで濡らして風に当ててみます。
それで気分が良くなったら熱中症だなと判断して、なるべく涼しいところで休みます。
私はついこの間会社にいる時、軽い(たぶん1度)の熱中症になったのですが(3回目)
濡れ手拭いを首に巻いて、かき氷系のアイスを食べて、時々腕を水で濡らしてやり過ごしました。
軽度だったので大丈夫でしたが、無理は絶対禁物です。

頭痛と吐き気がしていたら、完全に回復するまで無理して仕事なんかしちゃダメです。
とにかく休んで身体を冷やさないといけません。
よく熱中症の時は頸動脈と脇の下を氷で冷やしたりしますが
私の場合、氷や保冷剤は冷たすぎて当ててられなくて、
肌を濡らした方が回復が早かったです。
なので、熱中症になったら、とにかく服を脱いで肌を露出して、
なるべく体表の広い面積を濡らして風に当てて体温を下げるのが効果的だと思います。
(これで間に合わない場合は速やかに医師の手当てを受けてください)

でも実際、会社や外出先だと、服を緩めて肌を露出するってなかなかできないものです。
だから熱中症だとなったら、できれば仕事も用事も中止して帰宅し、水シャワー浴びて、
身体を拭かないまま(濡れたまま)扇風機の風に当たるのが一番良いと思います。
多少寒くても気分が良くなるまでは我慢です。

自分が2度の熱中症になった時に一番怖かったのは
このままどんどん気持ち悪くなって、意識を失ったらどうしようということでした。
救急車で搬送されるのはいやだなあ…と思ったし。
会社で倒れて周りに迷惑かけるのもいやだし。

救急車で搬送される例っていうのは、休むことができなくて
無理した結果、倒れてしまうケースが多いんじゃないかと思います。
仕事や学校、部活、スポーツ、あと行楽の行列とか…
倒れる前に休む、具合が悪くなったら帰るという判断も必要だと思います。
だって特に女性は、人前で服を脱いで身体を冷やすなんて
ちょっとやりにくいですから、迷っているうちに症状が悪化する可能性もあります。
とにかく無理はしない。倒れて救急車のお世話になると医療費もかかりますので
そうなる前に休むことが大事だと思います。

今年の7月のように毎日35℃超えなんていう場合は
肌を覆わない服装をするのもポイントだと思います。
先日軽度の熱中症になった時、長袖シャツにデニムスタイルだったのですが
これだけ暑いともっとゆるくて通気性のいい服装の方がいいなと気づいて
次の日はマキシスカートに半袖の首元も大きく開いたカットソーにしたら
かなり体感温度が違いました。風をはらむ服がいいです。
夏にパンツスタイルはダメですね(笑)スキニーとかも真夏はやめた方がいいと思います。
何かあった時に腕や足を濡らして冷やせる服装の方がいいです。
私はクーラーが苦手なので夏でもあまり手足を出さなかったのですが
今年の夏はもうそんなこと言ってられないな、別格だなと思いました。

最後に熱中症に良いレメディーをいくつか。
・Bell.(ベラドーナ)顔が真っ赤になり熱や頭痛を伴う時。柑橘系のジュースを欲する。
・Bry.(ブライオニア)乾燥している、動かすことで悪化、はちきれるような頭痛、大量の水を欲する。
・Chin.(チャイナ)体液の喪失による症状、頭痛など。
その他Carb-v.(カーボベジ)、Gels.(ジェルセミウム)、Arn.(アーニカ)など。
Sol.(ソル)という太陽光のレメディーや、Glon.(グロノイン)というニトログリセリン
レメディーも有効です。
どのレメディーも熱中症になる手前で摂るか、
手持ちのお水に入れて少しずつ摂取するのが良いと思います。



8月も例年より暑くなるそうですので
皆さんどうぞ気をつけてお過ごしください。